読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々映画徒然。

ノートに書いていた映画備忘録をデジタル化します。

The Theory of Everything

f:id:taijix1:20160328164459j:image


今でこそブックオフに大量に本が並んでいるが、

宇宙科学、特にブラックホール研究の第一人者ホーキング博士

その最愛の(元)妻の伝記映画「博士と彼女のセオリー」。

 

特筆すべきはホーキング博士を演じたエディ・レッドメインの演技。

彼はこれでアカデミー賞主演男優賞取ったし、

その翌年(今年)もノミネートされてたし、すごいねまったく。

女性に対してオドオドする理系男子、

彼女と出会い青春を謳歌する、

体に異変が起こり、

それでも学問を追求するホーキング博士をリアルに演じきった。

物語後半になるにつれ本当に痛々しさが伝わってくる。

だからこそめげない主人公に励まされる。

 

そして、彼女を演じたフェリシティ・ジョーンズ

次回のスターウォーズスピンオフ「ローグワン」に

主演が決まったそうで。

所々見せるキツい目にドキッとさせられそう。

スカイウォーカー家とはまた違う顔筋。

レイとは違った力強い女性像が完成しそう。期待。

 

ホーキング博士とその彼女は結局離婚してしまうのね。

当の本人たちが生きてるのにそれを実写化とはすごいやー。

原作は彼女の書籍だそうで、まあいいのか。

 

結局、セオリーは何だったの。

ラストシーンに集約されてるのだな。

 

(1)