読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々映画徒然。

ノートに書いていた映画備忘録をデジタル化します。

Fan Boys

 f:id:taijix1:20151222202851j:image

時は1998年、スターウォーズエピソード1公開目前。

スターウォーズファン、ファンボーイズがその試作フィルムを公開前に手に入れようとスカイウォーカーランチを目指すロードコメディ。

全編がスターウォーズを意識した構成になっており、小ネタだけでなく、

実際にレイア、ランド、ダースモール俳優らがカメオ出演する。

また、スター・ウォーズだけならず、

スタートレックターミネーター等のSF、

アニメやゲームなどオタクなネタたっぷりとなっている。

 

この映画がなぜ世界でこれほど有名になり、

日本でも署名活動をしてまで上映されたかは、

これがただのスター・ウォーズファンが作ったコメディ映画ではないからだ。

芯のしっかりした映画である。

 

「自分自身のデススターを見つけろ」

 

ルークはデススターという脅威を打破して英雄となった。

人は大きな目標を見つけ、それを達成して成長できると伝えてくれる。

 

エピソード7公開に際してファンボーイズな物語が現実にあった。

そして、12月18日、世界で、日本でも、

劇場はスター・ウォーズファンであふれ、タイトルロールで歓声が沸き起こった。

今、ファンボーイズを見るととても感慨深い。

 

ギークスターウォーズファンでいることが幸せだと教えてくれる映画。